売掛金回収の方法

信用取引においては、代金、つまり売掛金の支払いは、必ず既定の日までに行われなければなりません。しかし、取引先の状態や環境が急激に変化することで、支払われるはずだった売掛金を受け取れないケースも多々あります。未回収のままにすることはもちろんできませんし、未回収の売掛金はできるだけ速やかに回収したいものです。

もし未回収の期間が長引けば、「悪い噂が広がり、他の売掛金の支払いも滞る」、「管理能力が低いと判断され、新たな融資が受けられなくなる」といった不具合が生じるためです。そのための方法には、主に3つの手段が考えられます。まず、自分で相手と直接交渉して支払ってもらうという方法です。次に、法的手続きをとる方法、そして、最後に回収を弁護士に委託するという方法です。

参考「売掛金の回収 | 売掛金の回収・債権回収のお悩みなら弁護士法人アディーレ法律事務所

前者のパターンほど円満な解決が期待でき、後者のパターンほどスピーディーに解決できます。ただし、自力での回収を試みる場合は未回収の期間が長くなりがちで、第三者を介入させれば、迅速な回収が見込めるものの費用が掛かります。どの方法を選ぶのかは、回収する側の最優先事項が何かに左右されます。

当サイトでは、売掛金回収の方法として、以下の3つを紹介致します。一つ目は内容証明郵便、二つ目は直接交渉です。これらは円満解決が望める自力での交渉にあたります。三つめは支払いの督促です。これは法的手続きにあたります。これらの方法は、前述したように比較的円満な解決が期待できますが、未回収期間の長期化が予想されます。ただ弁護士に相談する必要が無いという大きなメリットがあるため、選ぶ人も多いのです。